3月26日仮想通貨の動き

ビットコインキャッシュがビットコイン?

ビットコイン生みの親であるナカモトサトシのビジョンということでカンファレンスが先日開催されました。

サトシズビジョン1日目の動画は以下のサイトで掲載されています。
https://www.yours.org/content/satoshis-vision-conference-day-1–links-to-all-talks-725faeb2d7cf

以前から本来のビットコインのビジョンはビットコインキャッシュが受け継いでいるとビックブロック派は主張していて当時のナカモトサトシも近い将来1MBじゃたりなくなるがその時にはビックブロックに変更すればよいと話していたようです。正確には当時の技術では8MBなどのビックブロックを処理する計算力がなかった(必要なかった)ようですね。逆に現在では1MBでは小さすぎます。イメージとしてはパソコンのハードディスクが分かりやすいですかね。10年前のパソコンのHDは80MBとかそんなもんです。今は1TBとか普通ですよね。ブロックチェーン上でも大きいサイズになることは当時から想定されていたわけです。でも「伝統を残す派」と「進化する派」(イメージ)で対立がおき、BTCからBCH(ビットコインキャッシュ)が生まれました。さ~本当のBTCはどちらなのか?という議論がずっと続いている。

 


そんなBCH派の日本人ラッパーがBCH応援ソングをリリースするようでPVが話題になっています。

 

NEMカタパルト発表!


遂にNEMがカタパルトを正式に発表しました。カタパルトとは簡単に言うとめちゃ早く送金できる技術です。確かリップルの4倍程度の処理能力で正式にどれほどの処理能力になるのかは不明。あと発表されただけで実装されたわけではないのでご注意ください。さらに釘を指しておくとNEM自体はカタパルトがなくても処理に詰まりは一切起こっておらず通貨として利用されている実需は知名度の割にはほとんどありません。実需がないのに技術だけ上がっても、、、ってことだけは忘れないでください。

 

市場はまだまだ拡大する?


人気仮想通貨ウォレットのMyEtherWalletから分かれてMyCryptoをつくったTaylorさんが仮想通貨の市場規模は導入期でまだまだ伸びると明言。

 


Twitter CEOも10年以内にビットコインは世界共通通貨になると強気の発言。ここで気になるのはBTCのことか?BCHのことか?それはみんな(市場)が決めることなのかもしれない。

 

めげないバイナンスがすごい!


先日、日本の金融庁から警告を受けて、早々に日本オフィスを畳んだバイナンスが経済制裁を加えられないマルタ島に拠点開設。分散型の取引所を目指している点や今回の行動から非中央集権を成し遂げるのはBTCではなく、バイナンスなのかもしれないと考えています。そんな思いで個人的にBNB(バイナンスコイン)を集めています。

 


前回の記事のあと、「バイナンスが今後利用できなくなるのか?」といった内容の質問を多くいただきましたが回答としては「これまで通り利用可能」です。金融庁の警告はあくまで警告であって、それ以上のことはできないし、利用者が勝手に海外の取引所を利用することは禁止されていません。今回の件は日本人向けに勧誘する行為が警告されただけですよ。

 

それでは。よい仮想通貨ライフを☆彡

 

最新情報をGETする

 

関連記事

  1. 【TRIG】トリガーズ どんな仮想通貨? 

  2. 2月12日仮想通貨XRPの動き

  3. 2月22日仮想通貨の動き

  4. 2月16日仮想通貨の動き

  5. 3月2日仮想通貨の動き

  6. ビットコインと東京オリンピックの関連性

  7. IBMは既存の仕事をすべて奪う

  8. 【EOS】イオス どんな仮想通貨?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

押すなよ~押すなよ~絶対に押すなよ~
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

将来性NO.1暗号通貨