ADA(エイダコイン)Cardano(カルダノ)仮想通貨紹介 

  • ADA


カルダノ公式サイト

仮想通貨ADAの紹介をしていきたいと思います。

ADA(エイダ)コインはCardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。元々はゲーム(カジノ)通貨のプラットフォームですが、様々な用途でADAが使われるように計画が変更されたようです。

プレセールの時から人気があった理由は、なんといってもイーサリアムの開発に携わったチャールズ・ホスキンソンが開発に携わったことが挙げられます。

ADAコインの運営・管理はカルダノ財団、カルダノの技術開発はIOHK(Input Output Hongkong)、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業はエマーゴ(Emurgo)に分かれております。昨今では東京工業大学とIOHKが暗号通過共同研究講座を開講しております。

ダイダロスウォレット

ADAコインの保管には、ダイダロスウォレットが使われ、非常に高いセキュリティーを誇っております。
ただ、スマートフォン対応の偽ウォレットも存在しており、正式なホームページよりまずはPCでダウンロードを行ないましょう。

なんといってもADAの特徴は日本のATMでADAコインが売買できるようになるということではないでしょうか?
まずは5か所ATMから開始され、ADA公開後1年以内に25か所のATMの取り扱いを目指しているとのこと。

またCardanoデビットカードを利用して他の通貨と同じように支払いが可能になります。
カードの申請&取得でダイダロスウォレットからCardanoデビットカードを使ってオンラインショップや店頭でADAを利用することができるようになります。
カードとアプリを連携させてADAの残額、取引履歴も確認できる予定です。

ICOなどのホワイトペーパーなどは実現が難しいものが多い中、実際に世の中で使われるように計画されているCardano ADA。

現在は30ドル~60ドル前後で推移していますが、上記が普及すると価格は飛躍的に伸びると予想されます。
東京オリンピックがある2020年にははたしていくらになっているか非常に楽しみですね。

2018年2月現在日本の取引所では購入できないADAコインを購入するにはBINANCEがおススメです!!
フィッシングサイトもありますので信用のあるリンクから登録をすることをお勧め致します。

仮装通貨取引所 Binance(バイナンス)登録手順解説

 

 

それでは。よい仮想通貨ライフを☆彡

 

最新情報をGETする

 

関連記事

  1. 第1回ブロックチェーン・暗号通貨カンファレンス

  2. 2月22日仮想通貨の動き

  3. 【NEO】ネオ どんな仮想通貨?

  4. 2月14日仮想通貨の動き

  5. ビットコインキャッシュが本当のビットコイン!?

  6. 2月15日仮想通貨の動き

  7. 3月4日仮想通貨の動き

  8. 楽しければチャレンジするべき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

押すなよ~押すなよ~絶対に押すなよ~
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

将来性NO.1暗号通貨