好きなことだけして生きていく僕の人生論

menu

ゲームしてても年収1000万

IBMは既存の仕事をすべて奪う

YUKI150321280I9A4443_TP_V

こんにちは
ピンポンです。

連日、ビットコインの可能性や
ブロックチェーンシステムについて分かりやすく解説しているつもりですが、
新しい技術や言語が飛び交うので少し理解できていない部分もあるかと思います。

頑張って付いてきてくださいね。

それでは今回も仮想通貨について根底の話をしていきます。

仮想通貨のビットコインはブロックチェーンというシステムが基盤となっているとお伝えしました。

このブロックチェーン技術は改ざん不可能なシステムなため
銀行などの金融機関がこぞって開発を進めています。

それを助けているの中心人物がIBMです。

IBMは金融機関にとどまらず
貿易などの書類手続きや管理が複雑な取引にも
ブロックチェーンを導入しようとしています。

今回も理由や歴史は置いといて、
分かりやすい話をしていきます。

IBMがやろうとしていることは、
極論ですが人件費なしの経営だと言えます。

ブロックチェーンシステムを貿易取引などの複雑な取引で導入できれば、
事務手続きや管理する人は不要となり、
それらで働く仕事は将来なくなることを意味しています。

少し前にAIなどのロボットの普及で
今の工場のような単純作業はなくなるという話をしたことがありますが、
ブロックチェーンシステムは
バイリンガルや少し知能の高い仕事すらもなくなる可能性があります。

全てWEB上で、
すべてコンピューターが処理管理して、
通貨の違いや言語の違いがある複雑な取引を自動化させます。

人件費が大幅に削減できるので
会社としては利益UPに繋がりますので
ブロックチェーンシステムの開発は止まらないでしょう。

そうなると通貨も共通通貨であるビットコインで行われる世界もあるかもしれませんね。

AIで単純作業は消え、
ブロックチェーンで中程度の仕事は消えるということです。

 

さーあなたは今の仕事がなくならないことを信じて、雇われ会社員を続けますか?
それとも自分にしかできないクリエイティブな仕事にチャレンジしますか?

選ぶのはあなた自身です!

 

 

PS.
二人の子供を育てる親として、
やはり今の学校教育に頼るのは危険すぎると考えています。

数年前、英語を勉強している友達に英語なんて数年したら翻訳機能が向上して意味がなくなると言って喧嘩になったことがありました。
AIやブロックチェーンが進化すれば、言語をしゃべることなく取引が完了できてしまうかもしれません。

外国言語△ ・前述したとおりだが現状はあったほうがいい。
国語△ ・コミュニケーション的には必要だが国語というジャンルとしては必要ないかも、、、
理科△ ・物理や法則は普遍的でひらめきに繋がる
数学〇 ・プログラムなどは結局関数などの計算
社会× ・検索すれば分かる
体育△ ・プロを目指すならありだが倍率が高く成功する確率が低いのが現状(健康維持はある)
図工△ ・AIには真似できないことをできるがこれも成功する確率は日本では現状低い(高くなる可能性はある)

こうやって見ると今の小学校で行っていることは
集団行動に対するストレスに耐えられる人間を量産する
社畜を作ることにしか見えないけど、
その社畜すら必要なくなるかもしれない。

親として、何を学ばせるべきか慎重にやっていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピンポンって誰?

はじめまして
当ブログの運営者 ピンポンです。

せどり転売と呼ばれているビジネスで生計を立てています。

【実績】
累計販売数:50,935冊(書籍のみ)
累計売上:35,933,909円(書籍のみ)
2014年ブログ・メルマガの収益:5,023,600円
2015年は一度も100万円の収入を切っていません。

詳しくはこちら

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!
↓↓↓

今は何位かな?

中国輸入実践者のブログはこちら
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村