好きなことだけして生きていく僕の人生論

menu

ゲームしてても年収1000万

仮想通貨否定組は根底を理解していない。

bitcoinPAKU6081_TP_V

こんにちは
ピンポンです。

私自身、仮想通貨について、受験勉強張りに勉強していますが、
勉強すればするほど価値が高まる市場は書籍せどりに出会った時以来です。

ほとんどのビジネスは勉強すれば、するほど穴があり、どんどんやる気がなくなっていきます。
中国輸入でOEMやODMで自身の商品を作成し、転売から抜けだそうと思ったのも同じ理由です。

早々に国内転売(実店舗へ買い付け)するタイプは撤退しましたし、
Amazonやフリマアプリの穴をついたスタイルも早々に撤退しました。
(恩恵は受けましたし、今も一部行っていますが)

しかし仮想通貨は伸びると確信しています。
これまでも数回に分けて伸びる理由を分かりやすく解説してきましたが、
あれは未来予測の話でした。

今回は仮想通貨の根底の話をしたいと思います。

そもそも仮想通貨のビットコインはブロックチェーンという革新的なプログラムから始まっています。

ブロックチェーンの話は長くなるので気になる場合は書籍などを読んでほしいのですが、
私はそれらを読んだうえで分かりやすく伝えていきます。

ブロックチェーンとは簡単に言うと、改ざん不可能なシステムです。
通貨のやり取りに必要不可欠なシステムで、

例えば、AさんがBさんに100円送金したのに、
送金された記録が改ざんされて送金した記録がなくなったとします。
そうなると100円が消えてなくなります。

ハッカー集団はこれを狙って銀行口座などから資金を抜こうとしているわけです。
それができないプログラムがブロックチェーンなわけです。

これは既存の金融系ビジネスがもっともほしいシステムなのです。
なぜならハッカーに一番狙われているのは金融系だからです。

実際にIBMなどは金融系で利用できるブロックチェーンシステムの開発に力を入れています。
https://youtu.be/Ps_6jUU0zX8

要はビットコインでブロックチェーンのシステムをテストしているのです。
ブロックチェーンのシステムが実際の金融系で実装されれば、
ブロックチェーンシステムを開発普及したビットコインはより価値を増すでしょう。

改ざん不可能なシステムを利用している氷山の一角であるビットコインが注目されていますが、
本当に重要なのは氷山の下に見えるブロックチェーンシステムということです。

そしてブロックチェーンシステムがあるからビットコインはなくならないのです。

ビットコインは2100万コインで発行が終了するという話は以前しました。
発行枚数が決まっているということは円やドルのようにスーパーインフレなどが起こらず、
物価の上昇なども起こらない。

ということは価値がゼロになることは実質的にあり得ないということです。
これは金やプラチナといった物質資産と同じです。

需要と供給で価値の変動はありますが、物質がある以上ゼロにはならない。

だからファイナンシャルプランナーなんかは
資産の10%を物質資産にしなさいとアドバイスします。

すべての資産の価値がゼロになっても、
物質資産はゼロにならないのでリスクヘッジになるというアドバイスですね。

ネットという情報の革命とブロックチェーンという取引の革命が誕生したことで生まれた物質資産
それがビットコインといわけです。

これが理解していればビットコインを否定すること自体に意味がないということがお分かりだと思います。

ビットコインはもう誰にも消すことができないのです。

そう誰にも、、、

それでは☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピンポンって誰?

はじめまして
当ブログの運営者 ピンポンです。

せどり転売と呼ばれているビジネスで生計を立てています。

【実績】
累計販売数:50,935冊(書籍のみ)
累計売上:35,933,909円(書籍のみ)
2014年ブログ・メルマガの収益:5,023,600円
2015年は一度も100万円の収入を切っていません。

詳しくはこちら

人気ブログランキング

応援クリックお願いします!
↓↓↓

今は何位かな?

中国輸入実践者のブログはこちら
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村